Englishespaniolchinese

ifia JAPAN 2008(国際食品素材・添加物展)に出展

去る5月21~23日の3日間、東京ビッグサイト西ホールにて開催されたifia JAPAN 2008に出展し、アルギン製品のPR活動を行いました。

今年のブースではアルギン酸の主な機能である「増粘」と「ゲル化」を中心に据え、それぞれに工夫を凝らした展示物を用意して、アルギン酸の特徴を紹介しました。
今年は新しい試みとしてブース壁面の大型液晶モニターでスライドを上映し、アルギン酸の構造・機能や原料海藻、製造工程、そして使い方や応用まで、わかりやすい解説を行いました。

3日間の展示期間中、キミカのブースには非常に多くの方が訪れ、アルギン酸について活発なお問い合わせをいただきました。新規顧客の開拓につながるよう、期待が持たれています。