Englishespaniolchinese

ifia JAPAN2010へのご来場ありがとうございました。
【昆布酸501が『製品力賞』を受賞しました!】

2010年5月19〜21日の3日間、東京ビッグサイトで開催されたifia JAPAN 2010(第15回国際食品素材/添加物展・会議)に出展いたしました。
ご多忙の中、弊社ブースへお立ち寄り下さいました皆様、誠にありがとうございました。
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

今年の展示では、食品用増粘安定剤製剤「昆布酸」シリーズの様々な応用例をご紹介させていただきました。今話題の米粉製品への応用例などを含め、大変多くのお客様に感心を持っていただくことができ、サンプルや資料などのお引き合いも多数頂戴しております。

また今年初めての試みとして、ブースの一角でミニ・デモンストレーションを上演いたしました。アルギン酸を使ったユニークな卵黄状ゼリーの作り方やインスタント・ゼリーのご紹介、そしてアルギン酸の溶解方法などを実演しましたところ、不慣れな説明にもかかわらず、毎回大変多くのお客様に足を止めてご覧いただくことができました。書面や口頭ではなかなか伝わらない内容も、実際に目で見ていただくことで、より具体的にご理解いただけたのではないかと思っております。

さらに今年のifiaでは、ご来場の皆様からの投票によって選出される「ifia/HFE JAPAN2010 アワード」において、弊社製品「昆布酸501」が栄えある"製品力賞"を受賞いたしました。昆布酸501はパンや麺の食感改良や品質向上にめざましい効果を発揮する製品で、米粉パンや米粉麺においても抜群の性能が認められています。今回のifiaで掲げられた「製品力で未来を拓く」というテーマに対し、弊社の昆布酸501はまさにその製品力を評価されたということで、弊社一同大変光栄な思いでございます。弊社製品にご関心いただいたお客様がかくも大勢おられたことを喜ぶと共に、昆布酸501をご支援いただいた皆様に対し、深く感謝の意を表します。

弊社では、今回寄せられた反響を真摯に受け止め、今後ともより良い製品づくりと、品質向上に努めてまいります。弊社製品「昆布酸」シリーズは、様々な食品加工の場面できっと何かのお役に立てる素材です。ご興味を持たれた方は、ぜひ当サイトのお問い合わせフォームより資料・サンプル等をご請求下さい。