Englishespaniolchinese

ifia JAPAN2011へのご来場ありがとうございました。

弊社は、今年もifia JAPAN 2011(第16回国際食品素材/添加物展・会議 : 5月18〜20日東京ビッグサイト)に出展いたしました。ご多忙の中、弊社ブースへお立ち寄り下さいました皆様には、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

今年のifiaは、3月の大震災の影響で例年よりも来場者総数が減少いたしましたが、おかげさまで弊社ブースには多くのお客様がお見えになり、例年同様に活発な商談をさせていただくことができました。

食品用増粘安定剤製剤「昆布酸」シリーズでは、あんこの離水防止やフォンダンの品質改良をはじめ、つくね、結着肉、メレンゲ、ホイップクリームなど、様々な食品への応用例をご紹介させていただきました。米粉パンや米粉麺への応用に関しては、この春「フード・アクション・ニッポン アワード」に入賞したことも含め、昆布酸の有用性について大いにPRさせていただいております。その他、アルギン酸を使ったユニークな食品素材「黄金のひれ」や、新開発された「精製キトサン」についても多くのお客様にご興味いただき、サンプルや資料などのお引き合いを多数頂戴しております。

昨年より始めたミニ・デモンストレーションでは、今年もアルギン酸を使った卵黄状ゼリーの作り方やインスタント・ゼリーのご紹介、そしてアルギン酸の溶解方法などを実演いたしました。弊社スタッフによる不慣れなデモンストレーションではありましたが、毎回大勢のお客様に足を止めていただき、盛況の内に終えることができました。

弊社では、今回寄せられた様々なご意見を、新しいアプリケーションの開発に反映させてまいります。弊社製品「昆布酸」シリーズは、様々な食品加工の場面できっと何かのお役に立てる素材です。ご興味を持たれた方は、ぜひ当サイトのお問い合わせフォームより資料・サンプル等をご請求下さい。


食の情報源-日本食糧新聞社-のフードジャーナルのコーナーで当社ブースを取材して頂きました。
動画を御覧いただけますので左の画像か下のリンクをクリックして下さい。

日食フードジャーナル「ifia JAPAN2011」