Englishespaniolchinese

日本農芸化学会2013年度大会トピックスに選定されました

弊社では、「アルギン酸によるストロンチウムおよびセシウムの吸収抑制および排泄促進効果」について、高崎健康福祉大学薬学部との共同研究を行っております。

本年3月に行われる「日本農芸化学会2013年度大会において研究成果を発表すべくエントリーしておりましたところ、大会事務局より「本研究の社会的インパクト、農芸化学らしさ、科学的レベルなどの観点から、2013年度大会トピックスとして選定いたします」との連絡を受けました(一般講演約2,100題の中から28題を選抜)。

大会に先立ち、日本農芸化学会が報道各社を招いて開催する記者会見において、本研究の内容が紹介される予定です。
http://www.jsbba.or.jp/2013/topics.html


本研究に対するお問い合わせは、当サイトの「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。