Englishespaniolchinese

アルギン酸の原料となる海藻


アルギン酸の原料となる褐藻類には多くの種類があり、世界各地の主に寒流域の沿岸に繁茂しています。
生長力が旺盛な褐藻類には、全長60mにも達する巨大な海藻や、海底への付着根が直径2mもあって、一日に数十cmも生長する種類があります。

工業的なアルギン酸製造の原料として利用できる海藻には、加工、流通、品質などいくつかの条件を満たす必要があり、実際には下図に示すような海藻が利用されています。

キミカは世界中の海藻資源の中から最も優れた原料海藻を厳選し、これを使って高品質なアルギン酸を製造しています。