Englishespaniolchinese

アルギン酸の化学構造

化学構造

アルギン酸は、マンヌロン酸(M)とグルロン酸(G)という2種類のウロン酸が直鎖重合した構造を持つ多糖類です。

アルギン酸の鎖状構造の中で、MとGはランダムに存在し、以下に示す3種のブロックを構成しながら共存しています。

M-M結合のみから成る《Mブロック》

G-G結合のみから成る《Gブロック》

MとGがランダムに配列した《ランダムブロック》

アルギン酸に含まれるMとGの量的比率(M/G比)と配列のしかたは、アルギン酸の性質、特にゲル化能力とゲル強度に大きな影響を及ぼします。
また、このM/G比は、海藻の種類や部位によって異なり、成育場所や季節による影響を受けることが知られています。

MおよびGの各ユニットが持つカルボキシル基(-COOΘ)はイオン交換能が高く、さまざまな陽イオンと容易に結びつきます。
このカルボキシル基と対をなす陽イオンの種類によって、アルギン酸の物性は様々に変化します。
加熱や冷却を必要とせず、イオン交換のみによって物性が変化するというアルギン酸独特の性質は、現在実用化されているアルギン酸のユニークな機能(増粘、ゲル化、分散安定、皮膜形成など)の源になっています。